雑誌紹介記事

口の中でとろけてしまうアナゴのうまさは、
通い詰めたくなるほど。

場内に鮨屋は多いけど、仕事を味わうなら鮨文だ。

四代目が守る秘伝のたれ。煮物に伝統江戸前の技が生きる