72003年、9月、久しぶりにカリフォルニアの親友に会いに行った。
と言っても仕事のついでに泊まらせてもらったのだが、、、

親友のディックとは私が13歳の時からの付き合いです。
たまたま当時のフィアンセと日本に旅行に来ていた彼が鮨文にきて、それ以来の付き合いです。
あの時私はまだ英語がほとんど話せなくて、もちろん彼も日本語が話せなくて、、、、
コミュニケーションなんてできるわけがなかったのに、年齢も20歳ぐらい離れているのに、、、、
本当に不思議な縁で私たちは結ばれていると思います。
知り合って20年ちょっと、今でもディックは私の大親友です。
アメリカに用事があるとできる限りは彼の家に寄るようにしています。
今回は2年ぶりの再会です。彼の新しいガールフレンドのキムは金髪美人のサンディエゴ市の刑事さん。
2人の家は岬の上にある自然がいっぱいのマンションです。
階段を下りればご近所さんだけが集まる小さなビーチ。
アザラシやイルカもたくさんいます。

8空にはペリカンや私の大好きなハミングバード(ハチドリ)。
部屋の窓からは毎日素晴らしい夕日が見えて、夜は波の音ですやすや、、、、
私も自然の一部だったんだ!な~んて気づかせてもらいました。

さて、短い楽しみは終わり、いざ時間の街、東京へ!